即日融資なら断然消費者金融のキャッシング

どうしても今すぐにお金が必要…
そんな時ってありますよね?

でも、世の中にはお金を借りれるところがたくさんあって、
そのうちのどこからお金を借りればいいか分からないですよね?

銀行とか消費者金融とか、どこを見ても即日融資可能!とか、スピード融資!とか書いてあって、一体何を信じればいいのか分からないのが私たちの本音ではないでしょうか。

そんな時は迷わず消費者金融でキャッシングすることをお勧めします。
間違っても低金利だからといって銀行カードローンの利用は控えましょう。
確かに金利は低いですが、その日のうちにお金を借りれるかどうかというと銀行カードローンはちょっと厳しいかもしれません。というのも、銀行のほとんどがネットからは仮審査だけで本契約は店頭か郵送での対応となってしまうからです。

店頭に行くならまだしも、契約の際に郵送という過程が入れば間違いなくその日のうちにお金を借りるというのは難しいでしょう。

キャッシング会社ならネットなら14時まで、無人契約機を利用すれば夜の21時くらいまでは対応可能なところが多いので即日キャッシングだけで考えたら断然消費者金融がお勧めです。

しかも、キャッシング会社の中には30日間金利ゼロでキャッシング出来るところもあるので、そういうところを使えば銀行よりも安く、そして早く利用することが出来ます。

なぜ銀行より消費者金融をお勧めするかがお分かり頂けましたでしょうか?
もしも即日キャッシングなら銀行だ…と思われていたのなら、今日から消費者金融だ!
に考え方を変えて下さい。どうせ借りるなら賢くキャッシングしましょう!

カテゴリー: 消費者金融情報など | コメントする

銀行よりも消費者金融キャッシングの方がお得な場合もある

銀行と消費者金融。
どちらからお金を借りた方が良いかと聞かれたらどちらと答えますか?

キャッシングについてあまり詳しくない方はどちらか分からないと答えるかもしれませんし、キャッシングを少しでも利用したことがある人は当然銀行!と答えるかもしれませんね。

確かに、金利だけ見れば銀行の方が低金利であることは間違いありません。
また、銀行は総量規制の対象外となるので年収の1/3という縛りが無いというのもメリットとなります。これにより収入の無い専業主婦の方なども借入することが出来るので、金利やメリットで考えると銀行の方が確かにメリット性が高いと言えますよね。

しかし、どちらが利便性が高いかというとこれは場合によっては消費者金融と言うことが出来るかもしれません。また、金利も場合によっては消費者金融の方がお得ということも言えます。

その理由は、銀行よりも消費者金融の方が柔軟性が高いということが言えるからです。

消費者金融は総量規制の対象となる為、年収の1/3までしか借りることが出来ないという縛りがあります。そういう決まりがある分、銀行よりも審査が甘くなると言えます。他にも、消費者金融は期間は限定されているものの無金利サービスなどもありますので、そういうものを利用すれば銀行よりもコストを掛けずに利用することが可能なんです。

これが消費者金融の方が利便性や金利面でお得という理由です。

これまでお金を借りるなら銀行と決められていた方は、
是非消費者金融も視野に入れてみては如何でしょうか?

利用次第では消費者金融もお得だということを覚えて頂ければと思います。

カテゴリー: 消費者金融情報など | コメントする

キャッシングの在籍確認を賢く行う方法

キャッシングというとどうもネックと感じてしまうのが在籍確認ではないでしょうか?

実際キャッシングを利用しようと申し込みをしてみると、審査の段階で会社に電話連絡が入るという審査項目があります。これは、申し込みの際に記載した勤務先に本当に在籍しているかどうかをチェックするためのものなのでキャッシングの利用の前に必ず行われるものです。

これが嫌だという理由も分かりますよね。
だって、普段会社に連絡など来ない立場の人の場合は会社に連絡が入るというのはかなり不自然ですからね…。これがネックとなって利用が出来ないというのは分かります。

じゃあ電話連絡以外の在籍確認の方法はないのか?
と思いませんか?
会社に在籍していることを証明する他の方法はないのか?
…ということなのですが、実はあるんです、電話連絡以外の在籍確認の方法が!

それは、お給料の明細書だったり、年末などに貰う源泉徴収票などの提出で出来るキャッシング会社があるそうです。確かに、こういった書類の提出で在籍確認が出来るならキャッシングの利用も考えるってなものですよね。

お申し込みの時にどうしても会社連絡はしてほしくない、他の在籍確認の方法は無いかというような質問をすれば柔軟に対応してくれる場合もあるそうなので是非試してみて下さい。
また、電話連絡での在籍確認しか出来ない場合でも、電話口で名乗る名前を指定出来るところもあるようなのでそれも聞いてみると良いかもしれませんね。

このように、在籍確認と言っても色々とあるようなので不安に思うことは何でも聞くことが大切だと思います。キャッシング会社側も出来ればキャッシングを利用して欲しい訳ですから、色々とお願いしてみるのも良いと思います。

今回は、ある意味裏事情的なお話でした。

カテゴリー: 消費者金融情報など | コメントする

キャッシングで最も多い借入額は10万円

これは予想通りという方も多いでしょうし、なるほどと思われる方も多いかもしれませんが、消費者金融でキャッシングを利用する方の多くは、限度額が10万円で利用している人が大多数を占めるというのはご存知でしたでしょうか?

キャッシングの金利などを見てみると、4.8%〜18%のような金利の表記を目にすることがあると思います。この金利ですが、どうしても低い数字を見てしまうという方は多いのではないでしょうか。つまり、18%の方を見るのではなく、4.8%のほうを見てしまい…結果、金利が安いと錯覚してしまうということです。

借入額が大きければ大きいほど金利が安くなるのがキャッシングの金利の仕組みです。
つまり、限度額いっぱいに借りることで上記で例に挙げた4.8%という金利になるという訳です。

これを踏まえ、消費者金融でキャッシングを利用する方の多くが10万円ということを考えると多くの方の金利は18%ということになるということがお分かり頂けると思います。何を言いたいのかというと、金利で見るべき数字は少ない方の数字ではなく、大きい方の数字であるということなんです。

今回の記事は、特に消費者金融の裏事情という内容とまではいかないかもしれませんが、多くの方が10万円の限度額で借入を行っているということと、同じく多くの方が金利の見方を誤っているということなんです。

これから消費者金融でキャッシングの利用を考えられていた人は是非頭に入れておいて頂ければと思います。こういうのは利用していないと分からないものですし、利用する前に知っておくことでキャッシングの利用に対しても考え方が変わると思いますよ。

カテゴリー: 消費者金融情報など | コメントする

ニーズに合った消費者金融の選び方

生活費が足りない時や冠婚葬祭などの大きな出費、旅行の費用をまかないたいなど、様々な理由で現金が必要になる時があります。
今すぐお金が必要な方も、必要に迫った時のために準備をしておきたいという方も、いざという時に便利なのが消費者金融になります。
毎月のお給料から返済出来るように計画的な利用をすれば、すごく便利なサービスになるでしょう。
お金を借りるときたくさんある業者の中からどこを選べば良いのか、初めての申し込みでよくわからないという方もいらっしゃると思います。
そこで選び方のポイントを抑えて、一番ニーズに合った業者に申し込みをしましょう。
例えばすぐにでも現金が必要という方は、即日融資が可能な業者を選ぶと便利です。
その際に気を付けることとしては、何時までに申し込みをすれば即日で審査から借り入れまで対応してくれるかを調べることです。
なぜなら業者によっては午前中まで、または午後の決まった時間までに申し込みをしないと、翌日の審査や融資になってしまう場合があります。
至急を要する場合には、きちんと時間帯を調べてから手続きを進めましょう。
選び方のポイントでさらに必要なのが、即日融資を希望している場合、振込先の銀行口座を保有しているかという部分です。
基本的にネットバンキングの場合は、指定の銀行口座や消費者金融の提携先になっている銀行口座へ振込になります。
あらかじめ保有している銀行口座に対応している消費者金融を選ぶと、後々面倒はないでしょう。

カテゴリー: 消費者金融情報など | コメントする

実はあの人も消費者金融を利用している

消費者金融と聞くと、昔よりはイメージは緩和されたかもしれませんが、まだまだダークなイメージを抱いている人は多いのかもしれません。実際、身の回りで消費者金融を利用している人はいますか?と質問しても、知らない、聞いたことがないと答える方は大半だと思います。

それもそのはず。もしもあなたが消費者金融を利用していたとしても、その事実を他人に言うでしょうか。…きっと言わないと思います。日本人にとってお金を借りるというのはとても恥ずかしいことですし、ましてや年齢が20代も半ばを超えていれば尚更ですよね。

これは2012年の統計によるものですが、実は世の中で消費者金融を利用している人は1200万人もいることが分かっています。日本の人口がおよそ1億2千万人ですから、単純計算で10人に1人が消費者金融を利用しているということになるんです。これはちょっとビックリですよね。

例えばあなたのFacebookのお友達が100人いたとするなら、そのうち10人は消費者金融を利用しているという割合になるということなんです。そして、男女比についても圧倒的に男性の方が多いイメージがありますが、その比率は6対4で、なんと女性の割合が40%にも達していることも分かっているんです。働く女性が増えたことと、消費者金融を利用する女性が増えたことはもしかしたら何か関係があるのかもしれませんね。

今回は、このブログの最初の記事として、なかなか表に出ない消費者金融の統計として利用者について書いてみました。これを読んで意外だと感じた方は多いのではないでしょうか。もしかしたら、いつも羽振りの良いあの人は消費者金融を利用しているのかもしれませんよ?

カテゴリー: 消費者金融情報など | コメントする